和歌と俳句

夏羽織

身にからむ単羽織もうき世哉 其角

手に持ば手にわづらはし夏羽織 几董

夏羽織われをはなれて飛ばんとす 子規

破れ易し人のかたみの夏羽織 子規

風呂敷に包んで持てり夏羽織 鬼城

老が身に短く着たり夏羽織 鬼城

夏羽織とり出すうれし旅鞄 久女

夏羽織連句の席にたゝむかな 喜舟

印籠の蒔絵の金や夏羽織 喜舟

夏羽織着て下町へ妻とかな 亜浪

夏羽織短き紐のそらほどけ 淡路女

紋のなき夏羽織被て書庫を守る しづの女

吹きつけて痩せたる人や夏羽織 虚子

身のほどを知る夏羽織著たりけり 万太郎