常夏

後撰集 よみ人しらず
人知れずわがしめし野のとこなつは花さきぬべき時ぞきにける

後撰集 よみ人しらず
常夏の花をだに見ばことなしにすぐす月日もみじかかりなん

後撰集 よみ人しらず
常夏に思ひそめては人しれぬ心の程は色に見えなん

後拾遺集 中納言定頼
とこなつの匂へる庭はから國におれる錦もしかじとぞ見る

後拾遺集 能因法師
いかならむこよひの雨にとこなつの今朝だに露のおもげなりつる

後拾遺集 曾禰好忠
きてみよと妹が家路につげやらむわれひとりぬるとこなつの花

千載集 中務卿具平親王
とこなつの花をわすれて秋風を松の陰にてけふは暮れゐる

新古今集 高倉院御歌
白露の玉もて結へるまさのうちに光さへ添ふとこなつの花

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 常夏 若竹 水鶏  暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内