うき人の旅にも習へ木曾の蝿 芭蕉

雪信が蠅うち払ふ硯かな 蕪村

はへにくしこゝろの先へたち廻り 暁台

蝿をうつ首も厳しや関の人 太祇

蝿を打おとや隣もきのふけふ 太祇

あら浪に蝿とまりけり船の腹 太祇

蝿打てけふも聞也山の鐘 一茶

蝿打に敲かれ給ふ仏哉 一茶

蝿一つ打てはなむあみだ仏哉 一茶

笠の蝿我より先へかけ入ぬ 一茶

やれ打な蝿が手をすり足をする 一茶

青畳音して蝿のとびにけり 一茶

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ 青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
お得区案内図