蛍籠

次の夜は蛍痩せたり籠の中 子規

蛍籠樒売る家に吊しけり 碧梧桐

人亡せし家と見過ぎぬ蛍籠 万太郎

さびしさや箪笥のうへの蛍籠 万太郎

ふりしきる雨となりにけり蛍籠 万太郎

蛍籠広葉の風に明滅す 久女

蛍籠飛ぶ火落つる火にぎやかに たかし

蛍籠ともつてゐるや町のはし 青畝

蛍籠今宵もともりそむるなり 夜半

蛍籠ともりそむれば見ゆるなり 夜半

あけがたやうすきひかりの蛍籠 林火

これはまた二尺四方の蛍籠 石鼎

青草をいつぱいにしてほたる籠 蛇笏

手につたふ露の雫や蛍籠 淡路女

病める子の夜は眠るなる蛍籠 汀女

帯解きていでしつかれや蛍かご 万太郎

蛍籠極星北に懸りたり 誓子

蛍籠むしろ星天より昏く 誓子

揺るる星宙に繋れり蛍籠 誓子

ほたる籠気やすめ言葉かはしつつ 悌二郎

蛍かご入日を移し哀れがる 犀星

褪せはてし写真の祖母や蛍籠 楸邨

蛍籠軍靴さくさくさくさくと 楸邨

国葬の夜を厨房のほたるかご 蛇笏

蛍籠電車郊外を走りをり 林火

征くひとに一夜の宴の蛍籠 林火

ほたるかごまくらべにしてしんのやみ 蛇笏

昏みたる泉にひたすほたるかご 蛇笏

瀧霧にまひながれゐるほたるかご 蛇笏

蛍籠秒音たかくひびきけり 林火

蛍籠昏ければ揺り炎えたたす 多佳子

死にければ闇たちこむる蛍籠 誓子

逢へばまた逢つた気になり蛍籠 万太郎

明け白む蛍ごときに籠静か 耕衣

やうやくに睡くなりけり蛍籠 波郷

旅土産の蛍籠はや水吹かむ 爽雨

蛍籠われに安心あらしめよ 波郷

草むらに置く深窓の蛍籠 不死男

少年の腰にともれる蛍籠 誓子

蛍籠閨の灯とせり星とせり 静塔

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ  青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
お得区案内図