夏の川

月の頃は寐に行夏の川辺哉 杉風

夏川やつたいありきつ里の背戸 北枝

夏河を越すうれしさよ手に草履 蕪村

夏川や水の中なる立咄し 子規

晶子
鵜松明天と蘆間と水ぞこに星ぞいざよふ夏の川かな

夏川や砂さだめなき流れ筋 蛇笏

馬に乗つて河童遊ぶや夏の川 鬼城

夏川や榎をかぶる渡船小屋 風生

夏川や一つ瀬やがて二た流れ 石鼎

夏の川汽車の車輪の下に鳴る 誓子

多摩郡夏川峡をながれいづ 秋櫻子

茶屋の裏紺青にして夏の川 青畝

よべのまま夜明けし窓や夏の川 石鼎

夏の河赤き鉄鎖のはし浸る 誓子

夏の河橋梁に汽笛を吹きすすむ 誓子

夏の河北せり車両わたり終ふ 誓子

夏川の淵の砂浜あはれなる 誓子

淡路小国夏川の磧荒れ 誓子

電球が浮いて憚る夏の河 不死男

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ  青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図