和歌と俳句

花菖蒲

片隅に菖蒲花咲く門田哉 子規

晶子
むらさきと白と菖蒲は池に居ぬこころ解けたるまじらひもせで


菖蒲草その花びらのむらさきを衣にし摺りて妹に着せばや

利玄
かがまりてわが息づかひしたしもよ菖蒲の花のかさなりて見ゆ

菖蒲剪るや遠く浮きたる葉一つ 虚子

こんこんと水は流れて花菖蒲 亞浪

門口を山水走る菖蒲かな 風生

昼ながら天の闇なり菖蒲園 誓子

はなびらの垂れて静かや花菖蒲 虚子

門川に菖蒲花咲き禰宜が宿 風生

紫はげて咲きゐる菖蒲かな 立子

まひまひの水の廣さや花菖蒲 青邨

葉一枚折れてうかべる花菖蒲 青邨

馬の背に上れば見えし花菖蒲 かな女

葉を押して曲り咲くあり花菖蒲 石鼎

千輪の花を上げたり白菖蒲 鷹女

われもさす照り降り傘や花菖蒲 鷹女

しほれたる花を左右や花菖蒲 たかし

老臣を犒ひたまふ花菖蒲 虚子

白にして大いなるかな花菖蒲 虚子

たれ下る菖蒲の花に雨のすぢ 立子

花菖蒲咲ききりたりし花かろく 立子

広々と紙の如しや白菖蒲 立子

ゆるやかに人続きゆく花菖蒲 立子

寛政の色をのこしぬ花菖蒲 かな女

花菖蒲大淀と咲く濃紫 かな女

紫のさまで濃からず花菖蒲 万太郎

花菖蒲ひたすら雨に座りけり 万太郎

書屋わが死所なり花菖蒲 青邨

箕を抱へ女出て来ぬ花菖蒲 虚子

何某の院のあととや花菖蒲 虚子

花菖蒲ゆれかはし風去りにけり 素十

石山裾むかしを繋ぎ花菖蒲 草田男

花菖蒲ただしく水にうつりけり 万太郎

花菖蒲手にゆれ支線しづかなり 静塔

黄菖蒲が瓦礫に咲ける曇かな 風生

花菖蒲まづむらさきのほぐれたる 万太郎

雨どどと白し菖蒲の花びらに 青邨

花菖蒲小波びたし利根びたし 静塔