和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

牡丹主傀儡よび舞はす座敷かな

蓬々と汝が著たるかな

湯煙に人現るる時萱草

耶馬に来て羅漢寺のに食はれけり

夏草に石も上げ得ぬ我が力

どかと解く夏帯に句を書けとこそ

客はみな右舷日蔭の籐椅子

湯煙の消えてほのかや合歓の花

遠雷やいと安らかにある病婦

雷火燃ゆ大玻璃障子一杯に

満潮の海の中なる日除かな

碧玉の腸出たる毛蟲かな

真清水も温泉も流るる儘に在り

日盛りの人ひしめける温泉かな

セルを著て夫婦離れて椅子に在り

厚板の錦のやつまはじき

新しき帽子かけたり黴の宿

螢追ふ子供に逢へり里近し