和歌と俳句

炎天

炎天の号外細部読み難き 草田男

炎天や鏡の如く土に影 草田男

会釈して炎天の女童ふとあはれ 蛇笏

炎天の蝶をかなしき眸にとらへ 鷹女

英霊となり炎天をかへり来給へり 鷹女

炎天に眼をさらし哭かじとす 鷹女

炎天に愛しみあへり鶴と女 鷹女

炎天に青淵の風ふと立ちぬ 茅舎

炎天に妻言へり女老い易きを 草田男

炎天下くらくらと笑わききしが 楸邨

炎天の寂しさ虫の鳴くごとき 楸邨

炎天に現れて聳ゆる紫金山 草城

戦車の後炎天のマラソンひそと 草田男

炎天の野路や溜飲鳴りさがる 草田男

杉の秀に炎天澄めり円覚寺 茅舎

龍階の苔炎天に黄なりけり 青邨

嘴のべて鵜か炎天もまたさびし 誓子

炎天や額の筋の怒りつつ 虚子

炎天を歩けばそぞろ母に似る 汀女

炎天の沖の帆昏く思ほゆる 誓子

炎天に立出でて人またたきす 虚子

炎天や瓦をすべる兜虫 犀星

炎天や金潤ひて銀乾く 草田男

炎天の焚火の焔めくれつつ 誓子

声なりしやと炎天を顧る 誓子

片壁が残る病院跡炎天 林火

炎天の川が焦土を抉るごと 林火

炎天や戦死の家の太柱 林火

炎天や早焦土とも思はなく 汀女

炎天の遠き帆やわがこころの帆 誓子