和歌と俳句

炎天

炎天や吹かれ通しの末枝の葉 泊雲

炎天やきらりきらりと水車 播水

炎天の空美しや高野山 虚子

白秋
唐辛子 花咲く頃や ほのぼのと 炎天の畝に 歪む人かげ

炎天の影をひいてさすらふ 山頭火

炎天のポストへ無心状である 山頭火

炎天の火の山こゆる道あはれ 秋櫻子

炎天のや四壁の窓深し 草田男

炎天の城や雀の嘴光る 草田男

炎天の起重機をめき下り来たる 楸邨

炎天の十字路ぞふと人絶えたる 楸邨

どうにもんらない矛盾が炎天 山頭火

炎天のましたをアスフアルトしく 山頭火

胡瓜の手と手と握りあつた炎天 山頭火

みんないんでしまつた炎天 山頭火

其中一人として炎天 山頭火

炎天かくすところなく水のながれくる 山頭火

炎天の影の濃くして鉄鉢も 山頭火

伸びて蔓草のとりつくものがない炎天 山頭火

炎天の鴉の啼きさわぐなり 山頭火

ふるさとのながれにそうて去るや炎天 山頭火

炎天や死ねば離るる影法師 麦南

炎天を人とべりいのちいみじくも 草城

炎天の涛に照られて月消ゆる 月二郎

ほこほこと埃の畑や炎天下 立子

炎天の尾根につらなる放馬かな 爽雨

子のグリコ一つもらうて炎天下 草城

炎天下子のやはらかき手を携へ 草城

子と萎ゆるかんかん照りの遊園に 草城

炎天の雲み眼ほそめ古娘 草城

炎天や川涸れはてし蘇鉄林 鳳作