和歌と俳句

中村草田男

長子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

燈台や緑樹は陸へ打歪み

真葛越し脚下浪湧く真白なり

夏草や野島ケ崎は波ばかり

涼風の波打つ如く衣を打つ

照り返す貝殻のみの入江あり

岩垣の間の夏芝真平ら

夏芝やこごみかげんに海女通る

夏芝に建てて居るのも苫屋かな

月見草湾を距てて山灯る

月見草房州露は貧しけれど

項一つ目よりもかなし月見草

果樹の幹厚かりし帰省かな

炎天や四壁の窓深し

炎天の城や雀の嘴光る

石崖の片陰沿ひの幾角を

雲の峯海へ並み出て桃色に

翡翠一点三味は嘆かう江の奥処

六つほどの子が泳ぐゆゑ水輪かな

翡翠一点蜑の煙管か一閃す

墓の面を斜めに迅し青落葉

花樗屋根とおなじに暗くなる

蚊帳へくる故郷の町の薄あかり