和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

水音のかなかなの明けてくる

みんなたつしやでかぼちやの花

こどもばかりでつくつくぼうし

どこまでもついてくるぞ鉄鉢の

家がとぎれると水音の山百合

ここからふるさとの山となる青葉

ふるさとの水をのみ水をあび

つゆのつゆくさのはなひらく

炎天の鴉の啼きさわぐなり

石にとまつてよ鳴くか

けふはプラタナスの広い葉かげで昼寝

ふるさとのながれにそうて去るや炎天

逢ひたいが逢へない伯母の家が青葉がくれ

ふるさとや尾花いちめんそよいではゐれど

はるかに夕立雲がふるさとの空

まふへに陽がある道ながし

おもひでは暑い河原の石をふみ

糸瓜伸びたいだけのぼつたりさがつたりして花つけた

風はうらから風鈴の音もつつましく

ひえびえとして夜明ける風鈴のなる

なにかつかみたい糸瓜の蔓で朝の風ふく

とまるより鳴き、鳴きやめるより去つた夕蝉

風鈴のしきりに鳴るよい訪ねてくれる日の

訪ねてくれて青紫蘇の香や飲ましてくれる

夕焼ふかい蜘蛛の囲でさけぶ蝉あはれ

何はなくとも手づくりのトマトしたたる