和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

胡瓜の皮をむぐそれからそれと考へつつ

夏草ふかい水底の朝空から汲みあげる

朝ぐもり触れると死んだふりする虫で

ほろりと糸瓜の花落ちた雨ふる

蛙おさなく青い葉のまんなかに

こんなに降つても吹いても鳴きつづける蝉の一念

風がさわがしくはいそがしく

ついてきたの二ひきはめをとかい

竹になりきつた竹の青い空

きのふもけふも茄子と胡瓜と夏ふかし

ききようかるかやことしの秋は寝床がある

風が吹きぬける風鈴と私

いちぢくにからまつたへちまの花で

死んだまねして蜘蛛はうごかない炎天

鳴るは風鈴、この山里も住みなれて

伸びあがつて炎天の花

子のことも考へないではない雲の峰くづれた

親子でかついでたなばたの竹

真昼を煮えてゐるものに蝉しぐれ

つくつくぼうしあすから旅立つ私で

糸瓜ぶらりと地べたへとどいた

どこでも歩かう月がのぼる

街はお祭提灯の、人のゆく方へゆく

月へ花火の星があがつた