薄 芒 すすき

好忠
人ならば語らふべきを思ふこと薄はそよといふかひぞなき

定家
あだし野の風にみだるる糸すすき来る人なしに何まねくらむ

定家
しのぶ山裾野のすすきいかばかり秋のさかりを思ひわぶらむ

定家
人もとへ荒れなむのちの虫のねも植ゑおくすすき秋し絶えずば

実朝
秋萩の花野のすすき露を重みをのれしほれてほにやいでなむ

何ごともまねき果たるすすき哉 芭蕉

おもしろさ急には見えぬ薄かな 鬼貫

風のたび道付替るすすきかな 杉風

行秋の四五日弱るすすき哉 丈草

まねきまねき枴の先の薄かな 凡兆

一雨のしめり渡らぬ薄かな 支考

もえきれて紙燭をなぐる薄哉 荷兮

これほどな穂にひしたたぬ薄かな 千代女

蜘の囲のはしらによはき薄かな 也有

山は暮れて野は黄昏の薄かな 蕪村

秋ふたつうきをますほの薄哉 蕪村

地下りに暮行野辺の薄かな 蕪村

線香やますほのすすき二三本 蕪村

夕闇を静まりかへるすゝき哉 暁台

蛇のきぬかけしすゝきのみだれ哉 暁台

猪追ふや芒を走る夜の声 一茶

一念仏申程して芒哉 一茶

古郷や近よる人を切る芒 一茶

曙覧
女郎花萩より上に立のぶる薄けだかくうち見られける

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 秋の草 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図