蜻蛉

蜻蜒やとりつきかねし草の上 芭蕉

水に出て水には入らぬ蜻蛉哉 千代女

染あへぬ尾のゆかしさよ赤蜻蛉 蕪村

日は斜関屋の鎗にとんぼかな 蕪村

蜻蛉や村なつかしき壁の色 蕪村

蜘の囲に棒しばりなるとむぼ哉 太祇

秋風をあやなす物か赤とんぼ 青蘿

とんぼうや飯の先までひたと来る 召波

白壁に蜻蛉過る日影哉 召波

秋の季の赤とんぼうに定りぬ 白雄

なき人のしるしの竹に蜻蛉哉 几董

夕日影町一ぱいのとんぼ哉 一茶

うろたへな寒くなる迚赤蜻蛉 一茶

トンボウが焼どの薬ほしげ也 一茶

蜻蛉の尻でなぶるや角田川 一茶

御祭の赤い出立の蜻蛉哉 一茶

御仏の代におぶさる蜻蛉哉 一茶

遠山が目玉にうつるとんぼ哉 一茶

町中や列を正して赤蜻蛉 一茶

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 蟷螂 名月 今日の月 月見 良夜 無月 雨月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図