桔梗 ききょう きちこう

桔梗の花咲時ポンと言そうな 千代女

きちかうも見ゆる花屋が持仏堂 蕪村

修行者の径にめづる桔梗かな 蕪村

桔梗咲て何れも花のいそぎかな 暁台

むらさきに見よや桔更を手向艸 几董

きちかうの露にもぬれよ鞠袴 几董

きりきりしやんとしてさく桔梗哉 一茶

桔梗活けてしばらく仮の書斎哉 子規

せわしなや桔梗に来り菊に去る 子規

佛性は白き桔梗にこそあらめ 漱石

むつとして口を開かぬ桔梗かな 漱石

草刈の籠の目を洩る桔梗かな 漱石

人遠し明る間早き山桔梗 龍之介

子規
椎の樹に蜩鳴きて夕日影ななめに照すきちかうの花


白埴の瓶に桔梗を活けしかば冴えたる秋は既にふふめり


しらはにの瓶にさやけき水吸ひて桔梗の花は引き締りみゆ

晶子
消えて凝りて 石と成らむの 白桔梗 秋の野生の 趣味さて問ふな

牧水
白桔梗君とあゆみし初秋の林の雲の静けきに似て

茂吉
きちかうのむらさきの花萎む時わが身は愛しとおもふかなしみ

うつむきて、ふくらむ一重桔梗哉 放哉

晶子
桔硬咲く襟つきにくき人のごと女姿の少年のごと

赤彦
山の池に紫に咲ける澤桔梗人の来りて折ることもなし

芝青き中に咲き立つ桔梗かな 碧梧桐

桔梗の紫めきし思ひかな 虚子

桔梗や一群過ぎし手長蝦 普羅

赤彦
皆がらに風に揺られてあはれなり小松が原の桔梗の花

桔梗の咲きすがれたる墓前かな 蛇笏

桔梗や忌日忘れず妹の来る 月二郎

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 秋の草 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図