和歌と俳句

芥川龍之介

芒刈つて片岡広し雁渡る

唐黍の先に夕日や雁渡る

わが庵の上啼き渡れ月の雁

雁啼くや軒に干したる薄荷草

月の出や雁落ちかかる佃島

何となく墓をめぐるや墓参人

きりぎりすばさと来りし燈籠かな

浅草の雨夜明りや雁の棹

雁の棹傾く空や昼花火

ふるさとを思ふ病に暑き秋

黒く熟るる実に露霜やだまり鳥

秋風や水干し足らぬ木綿糸

菊の酒くむや白衣は王摩詰

見かへるや麓の村は菊日和

ぢりぢりと向日葵枯るる残暑かな

稲妻にあやかし船の帆や見えし

檣に瑠璃燈懸けよ海の秋

身熱のうつらうつらと夜長かな

秋蚊帳の中に咳する病者かな

氷嚢や秋の氷のゆるる音

頓服の新薬白し今朝の秋

秋立てばまづ咳をする病者かな

秋の空後架の窓に竹二本

孟竹の一竿高し動く

一鉤の月に一羽の雁落ちぬ