和歌と俳句

芥川龍之介

松二本芒一むら曼珠沙華

空に知る海のけはひや花芒

睫きもせぬに鬼気あり菊人形

松二本出水に枯れて曼珠沙華

今朝秋や寝癖も寒き歯のきしみ

怪しさや夕まぐれ来る菊人形

秋風や黒子に生えし毛一根

天心のうす雲菊の気や凝りし

白菊は暮秋の雨に腐りけり

竹林や夜寒の路の右左

稲むらの上や夜寒の星垂るる

竜胆や風落ち来る空深し

啼くや草黄ばみたる土饅頭

二日月白無花果は熟れ早き

朝寒の葉を垂らしたる柏かな

巌かげに水滴るや二日月

ゆれ落つる月の赤さよ槍が嶽

人遠し明る間早き山桔梗

秋の日や竹の実垂るる垣の外

栴檀の実に風聞くや石だたみ

草の実や門を出づれば水暗し

笹の根の土乾き居る秋日かな

井月の瓢は何処へ暮の秋