和歌と俳句

芥川龍之介

しどけなく白菊散るや秋の雨

蘭の花碁鬼となるべき願あり

月今宵匂ふは何のすがれ花

稲妻や何ぞ北斗の静なる

雨や来る空すさまじき花火かな

雲飛んでせはしき夜となりぬ

朝寒やさざ波白き川の上

園竹のざわと地を掃く野分かな

野分して屋根に茅なき庵かな

椋鳥を礫に打つて野分かな

篠懸の花さく下に珈琲店かな

野分止んで一つ啼き出ぬちちろ虫

一痕の月に一羽の雁落ちぬ

夕紅葉人なき縁の錫の茶器

新しき畳の匂ふ夜長かな

秋風に吹かれて消えぬ昼花火

松風の中を行きけり墓参人

花芒払つて高し海の雲

山蔦に朝露すべる葉数かな

水墨の秋三竿の竹に見よ

雁の声落ちて芋の葉戦ぎけり

雁啼くや燈火洩るる船に蘆

雁啼くや提灯下げて粟畠

雁百羽くの字に立つて月出づる

月欠けてさかさに落す雁一羽