立秋

古今集 敏行
秋きぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

古今集 貫之
河風のすずしくもあるかうちよする浪とともにや秋はたつらん

俊頼
千歳ふる禊は昨日せしかども今朝はうきよに秋たちにけり

拾遺集 恵慶
八重葎茂れる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来にけり

後拾遺集 恵慶
浅茅原玉まく葛の裏風のうらがなしかる秋は来にけり

金葉集 春宮大夫公実
とことはに吹くゆふぐれの風なれど秋立つ日こそ涼しかりけれ

新古今集 家隆
昨日だに訪はむと思ひし津の国の生田の森に秋は来にけり

新古今集 藤原秀能
吹く風の色こそ見えねたかさごの尾上の松に秋は来にけり

新古今集 良経
深草の露のよすがをちぎりにて里をばかれず秋は来にけり

式子内親王
夏暮てけふこそ秋は立田山風のをとより色変るらむ

式子内親王
秋きぬと荻の葉風の告げしより思ひし事のただならぬ暮

定家
朝まだき霧はこめねどみむろ山秋のほのかに立ちにけるかな

定家
三室山けふより秋のたつた姫いづれの木々の下葉そむらむ

良経
うち寄する波より秋の立田川さても忘れぬ柳かげかな

実朝
すむ人もなき宿なれど荻の葉の露をたづねて秋は来にけり

実朝
野となりてあとは絶えにし深草の露のやどりに秋は来にけり

実朝
天の川みなはさかまきゆく水のはやくも秋の立ちにけるかな

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図