織女

琴座アルファ星ベガ

湯原王(拾遺集・秋)
織女の袖継ぐ宵の暁は川瀬の鶴は鳴かずともよし

古今集 よみ人しらず
天の河もみぢを橋にわたせばや たなばたつめの秋をしもまつ

古今集 興風
契りけん心ぞつらき 織女の年にひとたびあふは あふかは

古今集 躬恒
年ごとにあふとはすれど 織女の寝るよの数ぞすくなかりける

古今集 躬恒
織女にかしつる糸の うちはへて年の緒ながく恋ひやわたらん

後撰集 閑院
あふことはたなばたつめにひとしくてたちぬふわざはあへずそありける

後撰集 よみ人しらず
こひこひてあはむと思ふ夕暮れはたなばたつめもかくぞあるらし

後撰集 よみ人しらず
たぐひなき物とは我ぞなりぬべきたなはたつめは人めやはもる

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内