走馬燈 廻り灯籠

風吹て廻り燈籠の浮世かな 子規

同じ事を廻燈籠のまはりけり 子規

室暗し走馬燈のまはりゐる 虚子

走馬燈消えてしばらく廻りけり 鬼城

松風にふやけて疾し走馬燈 石鼎

走馬燈に木の間の月や子等は寝し 久女

走馬燈俄の雨にはづしけり 久女

走馬燈句会の母に長き留守 みどり女

走馬燈みたりがおもひめぐりけり 万太郎

あげ汐に廻りて来たり走馬燈 かな女

買つて来しばかりまはるや走馬燈 万太郎

走馬燈いつか消えゐて軒ふけし 久女

ころぶして語るも久し走馬燈 久女

へろへろと走馬燈の游魚かな 夜半

おなじ絵の売れのこりゐる走馬燈 夜半

ひんがしの日に照らされて走馬燈 誓子

走馬燈寝静まる子に廻りけり 喜舟

走馬燈初雁来ると廻りけり 喜舟

深海に青き魚すめり走馬燈 誓子

走馬燈青女房の燃やしぬる 誓子

青海のめらめらと燃ゆ走馬燈 誓子

走馬燈地にうつされて燃えてゐる 誓子

走馬燈夜毎ともして子と住めり 淡路女

走馬燈こゝろに人を待つ夜かな 淡路女

ひとりみるわが手枕や走馬燈 淡路女

紅き帆の練習船の走馬燈 誓子

走馬燈船の上にも海を描く 誓子

走馬燈死にゆくふたり舟を漕ぐ 誓子

青潮の流れ著き走馬燈 誓子

走馬燈とこよの闇に消えにけり 淡路女

走馬燈風なき夜となりにけり 万太郎

走馬燈おろかなる絵のうつくしき 林火

つくばひに廻り燈籠の灯影かな 虚子

燈ともせば侏儒が遊ぶ走馬燈 淡路女

龍宮に迫る一魚や走馬燈 淡路女

痩せて男肥えて女や走馬燈 しづの女

生涯にまはり燈籠の句一つ 素十

走馬燈ながるるごとく人老ゆる 麦南

さがす人こゝにもみえず走馬燈 万太郎

走馬燈いのちを賭けてまはりけり 万太郎

走馬燈月のひかりをやどしけり 万太郎

人生は陳腐なるかな走馬燈 虚子

老人の日課の如く走馬燈 虚子

あさがほのあはれのまはり燈籠かな 万太郎

わが死後やかくて夜更けの走馬燈 鷹女

夜に訪ふことはめづらし走馬燈 立子

浅草に無く鎌倉で買ふ走馬燈 虚子

走馬燈我にもよき日めぐり来る 立子

夕懈き静臥のあとの走馬燈 波郷

走馬燈白木の骨に昼を痩す 林火

病み痩せて長き手足や走馬燈 波郷

走馬燈看護婦呼びて灯を入るる 波郷

走馬燈二人のぞきに点したる 爽雨

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
お得区案内図 旅行案内