和歌と俳句

高浜虚子

次のページ

名月に蜘の圍ふるき軒端かな

湖や秋静かなる瀬田の橋

桐一葉月の光にひろがりて

水うつてざぶと音する芭蕉かな

下京のともし火ならぶ夜寒かな

此夕桐の葉皆になりにけり

七夕の竹屋の渡しわたりけり

えらみ置きし七夕竹を伐りにけり

登戸や星祭る夜の俳句会

きぬぎぬのうきの莟かな

蚊柱もたたずなりたる芭蕉かな

とりかこみに飯くふゐろりかな

野菊ちらほら先妻の墳墓荒れたりな

鳥とんで掛稲うつる水田かな

けさの秋もの静かなる端居かな

風が吹く佛来給ふけはひあり

黍のなかに燈籠見ゆる藁屋かな

朝貌や古白が住みし古庵

朝顔の花咲かう間に起きもする

朝顔の花咲きしぼむ野分かな

泥ながら露けき歯朶の山路かな

経箱の底になく清凉寺

すのこふめばはたと鳴きやむきりぎりす

雨はれてに傘さす男かな

蜻蛉飛ぶ川添ひ行けば夕日かな

手をそれて飛ぶ秋の蚊の行衛かな

痩馬に車つなぐや鶏頭花

ぼうぼうと只秋風の吹く野かな

一つ引けば田の面の鳴子なるを見よ

膝抱いて淀の川船夜ぞ寒き

枯蘆の入江につづく刈田かな