和歌と俳句

蜻蛉

赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり 子規

赤蜻蛉飛ぶや平家のちりぢりに 子規

大藪や数を尽して蜻蛉とぶ 漱石

蜻蛉や杭を離るる事二寸 漱石

蜻蛉飛ぶ川添ひ行けば夕日かな 虚子

竹竿のさきに夕日の蜻蛉かな 子規

つるんだる蜻蛉飛ぶなり水の上 漱石

赤坂も田舎になりて蜻蛉かな 碧梧桐

南窓に写真を焼くや赤蜻蛉 漱石

から松は淋しき木なり赤蜻蛉 碧梧桐

左千夫
赤羅曳く朝日かがよふ花原の園のまほらに秋津群飛ぶ


豆干す庭の筵に森の木のかげる夕に飛ぶ赤蜻蛉


水泡よる汀に赤き蓼の穗に去りて又來るおはぐろ蜻蛉


小波のさやさや來よる葦村の花にもつかぬ夕蜻蛉かも

虚空より戻りて黍の蜻蛉かな 碧梧桐

雨に泊れば雨は晴れたる蜻蛉かな 碧梧桐

牧水
火事あとの黒木のみだれ泥水の乱れしうへの赤蜻蛉かな

待つ人に裾野にあへり夕蜻蛉 碧梧桐

茂吉
事なくて見ゐる障子に赤とんぼかうべ動かす羽さへふるひ

茂吉
まもりゐのあかり障子にうつりたる蜻蛉は去りて何も来ぬかも

まのあたり精霊来たり筆の先 漱石

舟遊ぶ飛騨古川や夕蜻蛉 碧梧桐

飛騨人の天領顔や飛ぶ蜻蛉 碧梧桐

晶子
赤蜻蛉風に吹かれて十あまりまがきのうちに渦巻を描く

蜻蛉の夢や幾度杭の先 漱石

肩に来て人懐かしや赤蜻蛉 漱石

匂欄の擬宝珠に一つ蜻蛉哉 漱石