和歌と俳句

河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

赤坂も田舎になりて蜻蛉かな

我笠と我蓑を着せて案山子かな

蚯蚓鳴いて夜半の月落つ手水鉢

泣きやまぬ子に灯ともすや秋の暮

夜を寒み人語聞えて森の寺

今朝の秋千里の馬を相しけり

さきんぜし人を憎む菌狩

三日月やこの頃萩の咲きこぼれ

漕ぎ出でて月見の船や湖半

月の雨静かに雨を聞く夜かな

撫子や海の夜明の草の原

この道の富士になり行くかな

月出でゝ鬼もあらはにかな

太祇こゝに住めりとぞいふ忌を修す

から松は淋しき木なり赤蜻蛉

鞴踏む賑ひ過ぎて秋暮れぬ

大船の舳に魂を呼ぶ燈籠かな

公園のや夜烏かすれ鳴く

天下の句見まもりおはす忌日かな

草の戸に辰馬が新酒匂ひけり

昆陽みぞろ茸山戻りたそがるゝ

秋の夜や学業語る親の前

この海の供養にともす燈籠かな

行水の名残の芭蕉破れけり

のよきに主は何で籠り居る