秋の空

源氏物語・榊
暁の別れはいつも露けきをこは世にしらぬ秋の空かな

源氏物語・宿り木
いたづらに分けつる路の露しげみ昔おぼゆる秋の空かな

俊頼
草の葉に風をとづれて夜と共に涙もよをす秋の空かな

俊成
月よりも秋は空こそあはれなれ晴れずはすまむかひなからまし

式子内親王
ながむれば木の葉うつろふ夕月夜ややけしきだつ秋の空かな

むかしから穴もあかずよ秋の空 鬼貫

秋の空尾上の杉をはなれたり 其角

上行と下くる雲や龝の天 凡兆

秋の空昨日や鶴を放ちたる 蕪村

行先に都の塔や秋の空 太祇

橋見えて暮かかる也秋の空 一茶

良寛
晴るるかと思へばくもる秋の空うき世の人の心知れとや

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図