和歌と俳句

柳散る

庭掃て出ばや寺にちる柳 芭蕉

鳥どもに見かぎられてや散柳 涼菟

柳ちるや少し夕の日のよわり 暁台

船よせて見れば柳のちる日かな 太祇

かせを干す紺屋の柳散りにけり 子規

柳ちるかたかは町や水のおと 漱石

柳ちる紺屋の門の小川から 漱石


うぐひすの あかとき告げて 來鳴きけむ 川門の柳 いまぞ散りしく

晶子
都にも 円き山ふく 風ありて 柳ちる日と かきもこすかな

ひだるくて唯歩きをり柳散る 虚子

柳ちるや板塀かけて角屋敷 鬼城

雨去るやまた一しきり柳散る 石鼎

柳の葉散る時更に細さかな 泊雲

束の間の残照水に柳散る 泊雲

散る柳波に揉まるゝ二三段 泊雲

散る柳纜石にかくる程 泊雲

池の面の日かげ日向や散る柳 泊雲

夕風に散りさざめける柳かな 草城

起きぬけの冴えぬ面輪や散柳 草城

出世大黒まへの柳散りにけり 万太郎

柳散るあるじは鳥の紙芝居 汀女

まつすぐに雨にしたがふ散り柳 風生

何事も気のもちやうや柳散る 万太郎

立並ぶ柳どれかは散りいそぐ 青畝

柳散る昔啄木のまた我が径 楸邨

配給の卵三つや柳散る 万太郎

ともしびの中へひたすら柳ちる 青畝

あさがほのまだ咲く柳散りにけり 万太郎

何事も気のもちやうや柳散る 万太郎

端つぽの一枚残し柳散る 青畝