和歌と俳句

西山泊雲

篁に来鳴く千鳥や秋の雨

傘影の出来ては消ゆる雨月かな

二三人雨月の傘や尻からげ

雨月今殊にあかさや雁落つる

蒂のあと白々とある木の実かな

柳の葉散る時更に細さかな

黄葉一樹輝きたてり紅葉山

絲つけし金亀虫とび来ぬ鳳仙花

秋雨や木賊折れ伏す池の面

月や出ん雲の輝き水にあり

明月や葎の中の水たまり

芋の葉影土に蒐まれる良夜かな

後の月稲架を離れて蒼さかな

黍束ねあげて広さ地蔵盆

野分雲夕田ごうごうと落し水

断崖を削りて落ちし木の実かな

雨交り光り落ち来る木の実かな

コスモスの相搏つ影や壁の午後

真中の踏み込まれある落穂かな

秋雨や木戸の内外の潦

秋雨や色づきたけて野路の草

潦を掩ふ穂草や秋の雨

秋雨やおろしたてなる蓑と笠

秋雨やくろきの鳥居苔もなし

藪の穂にかゝらず入りぬ三日の月