和歌と俳句

江ノ島

江ノ嶋の穴をうなるや秋の夢 嵐雪

むかふ日や萱も薄も弁才天 涼菟

絵の嶋や薫風魚の新しき 子規

左千夫
年寒く人も乏しき江の島に雨にこもりて一夜ねにけり

江ノ島に茫々としてかな 碧梧桐

江の島に朝寒の旭あたりけり 泊雲

江の島やかかるところに畑打 風生

寒潮やざうざう岩を落ちる渦 水巴

天つ日や寒潮の光岩屋まで 水巴

初富士や石段下りて稚児ヶ淵 茅舎

江の島の日覆の下たでの花 立子

江の島の狭き渚や後の月 たかし

寒夜いま弁才天と吾とのみ 誓子

大磯

千鳥なく其夜はさむし虎が許 其角

大磯も虎はむかしに猫の恋 也有

子規
海原は見渡す限り山もなしいづこをさして白帆ゆくらん

大磯の町出はなれし月見哉 子規

名月やどちらを見ても松許り 子規

名月や汐に追はるる磯伝ひ 子規

秋風の一日何を釣る人ぞ 子規

大磯でとまらぬ汽車や虎が雨 万太郎

大磯の山いと青く虎が雨 万太郎

地福寺は山を負ふ寺さるすべり 万太郎

藤村忌百日紅の燃ゆるかに 万太郎

鴫立沢

新古今集 西行
心なき身にもあはれは知られけり鴫たつ澤の秋の夕ぐれ

春雨や傘さしつれし浜社 白雄