和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

旭に向くや大輪の菊露ながら

隣からともしのうつるばせを

芭蕉破れて書読む君の声近し

蓮の実のこぼれ尽して何もなし

稲の穂の伏し重なりし夕日哉

茸狩女と知れし木玉哉

獣の鼾聞ゆる朝寒み

何笑ふ声ぞ夜長の台所

馬も居らず駕にもあはず秋の暮

月ながら暮れ行く秋ぞうとましき

乗懸に九月尽きたり宇都の山

鳶舞ふや本郷台秋日和

秋晴れて塔にはさはるものもなし

一日の秋にぎやかに祭りかな

松一木根岸の秋の姿かな

舟に寐て我にふりかかる花火

長崎や三味線提げて墓参

草市のあとや麻木に露の玉

向きあふて何を二つの案山子

秋はまた春の残りの三阿弥陀

新酒売る家は小菊の莟かな

打てばほろほろと星のこぼれける

鯛もなし柚味噌淋しき膳の上

稲妻に金屏たたむ夕かな

名月や人うづくまる石の上