和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

月見るやきのふの花に出家して

根岸闇の谷中や別れ道

芋阪も団子も月のゆかりかな

秋風や森を出でて川横はる

秋風の上野の出茶屋人もなし

野分すなり赤きもの空にひるがへる

幅広き葉を流れけり朝の露

生きて帰れ露の命と言ひながら

からげたる赤腰巻や露時雨

秋もはや日和しぐるる飯時分

大木の中を人行く秋の雨

禅寺の門を出づれば星月夜

此頃や樫の梢の星月夜

信濃路やどこ迄つづく秋の山

鶺鴒や水痩せて石あらはるる

気短に啼き立つる日和哉

はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀

引汐や沙魚釣り繞る阜頭の先

秋の蝉子にとらるるもあはれ也

赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり

掘割を四角に返す蜻蛉哉

刈株に老い行く日数かな

我袖に来てはね返る螽かな

木槿咲いて船出来上る漁村哉

杉垣に結ひこまれたる木槿哉