和歌と俳句

正岡子規

草市や人まばらなる宵の雨

燈籠をともして留守の小家哉

賤が檐端干魚燈籠蕃椒

火や消えし雲やかかりし高燈籠

同じ事を廻燈籠のまはりけり

いざたもへ迎火焚てまゐらせん

棚経や小僧面白さうに読む

施餓鬼舟はや竜王も浮ぶべし

盆過の小草生えたる墓場哉

なまくさき漁村の月のかな

玉川や夜毎の月に砧打つ

こしらへて案山子負ひ行く山路哉

兼平の塚を案山子の矢先かな

余り淋しと鳥なと飛ばせ鳴子引

二三匹馬繋ぎたる新酒かな

おもしろや田毎の月の落し水

夕焼や鰯の網に人だかり

蓬生や我頬はしる露の玉

旅籠屋の戸口で脱げば笠の露

草の戸やひねもす深き苔の露

白露や芋の畠の天の川

朝露や飯焚く煙草を這ふ

けさの露ゆふべの雨や屋根の草

無造作に名月出たる畠かな

物干しに大阪人の月見