和歌と俳句

一日の旅おもしろや萩の原 子規

一葉
まふ蝶のかげさへ寂しひとりすむみ山の庵の秋萩の花

一葉
朝露にぬれしもうれし真萩原はなに摺りつる衣とおもへば

一葉
よもぎふの庭のあき萩咲にけりまた世の人にとはれもぞする

白萩のしきりに露をこぼしけり 子規

地に引くや雀のすがる萩の花 子規

一葉
あかつきの露のぬれぎぬきても見つを鹿のつまの秋はぎの花

一葉
もろ共にきて見ぬ野辺のくやしさもそへてぞ見する秋萩の花

僧もなし山門閉ぢて萩の花 子規

僧坊を借りて人住む萩の花 子規

垂れかかる萩静かなり背戸の川 漱石

萩咲くや生きて今年の望足る 子規


萩の花ぬける白玉ともしけど露にしあればとりがてにすも


ひまあらの垣にしげれる白萩のしらじら見えて夕月のぼる


萩の上に雀とまりて枝ゆれて花はらはらと石にこぼるゝ

首あげて折々見るや庭の萩 子規


落葉せるさくらがもとの青芝に一むら淋し白萩の花

晴々と萩憐れむや天竜寺 碧梧桐

萩のちる日もはれがまし小梅町 万太郎

八一
あきはぎはそでにはすらじふるさとにゆきてしめさむいももあらなくに