和歌と俳句

正岡子規

長き夜や障子の外をともし行く

羽織著る秋の夕のくさめ哉

汽車の窓に首出す人や瀬田の秋

蓑笠をかけて夜寒の書斎かな

風入や五位の司の奈良下り

鳴子きれて粟の穂垂るるみのり哉

野分して蝉の少きあした哉

鎌倉や畠の上の一つ

琵琶一曲は鴨居に隠れけり

月さすや碁をうつ人のうしろ迄

月曇る観月会の終り哉

三十六坊一坊残る秋の風

精進に月見る人の誠かな

野分して片枝折れし松の月

淋しげに柿くふは碁を知らざらん

師の坊に猿の持て来る木実哉

湯治二十日山を出づれば稲の花

この頃の蕣藍に定まりぬ

朝顔や松の梢の花一つ

朝顔の花猶存す午の雨

日おさへの通草の棚や檐のさき

茶の土瓶酒の土瓶や芋団子

芋阪の団子の起り尋ねけり

琵琶聴くやをくふたる皃もせず

老僧に通草をもらふ暇乞