雁 鴈 かりがね

古今集 藤原菅根
秋風にこゑをほにあげてくる舟は 天の門わたる雁にぞありける

古今集 躬恒
うきことを思いひつらねて 雁がねのなきこそわたれ 秋の夜な夜な

後撰集 貫之
秋の夜に雁かも鳴きて渡るなりわが思ふ人のことづてやせし

後撰集 貫之
秋風に霧飛び分けて来る雁の千世に変らぬ声聞こゆなり

後撰集 躬恒
年ごとに雲路まどはぬ雁がねは心つからや秋をしるらむ

拾遺集・別 能宣
草枕我のみならず雁がねも旅の空にぞ鳴き渡なる

好忠
衣うつの音を聞くなべに霧立つ空に雁ぞなくなる

源氏物語・須磨
初雁は恋しき人のつらなれや旅の空飛ぶ声の悲しき

源氏物語・須磨
かきつらね昔のことぞ思ほゆる雁はそのよの友ならねども

源氏物語・須磨
心から常世を捨てて鳴く雁を雲のよそにも思ひけるかな

源氏物語・須磨
常世出でて旅の空なるかりがねも列に後れぬほどぞ慰む

後拾遺集 藤原長能
わぎもこがかけてまつらん玉づさをかきつらねたる初雁の聲

後拾遺集 赤染衛門
おきもゐぬわがとこよこそ悲しけれ春かへりにしも鳴くなり

後拾遺集 伊勢大輔
さよふかく旅の空にてなくかりはおのが羽風や夜寒なるらん

後拾遺集 白河院御製
さして行く道も忘れてかりがねのきこゆるかたに心をぞやる

金葉集 よみ人しらず
たまづさはかけて来つれど雁がねの上の空にも見えわたるかな

金葉集 春宮大夫公実
妹背山みねの嵐や寒からむ衣かりがね空に鳴くなり

俊頼
初雁はくもゐのよそにすきぬれど声は心にとまるなりけり

俊頼
初雁のなきつる空の浮雲を鳥のあとともおもひけるかな

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 蟷螂 名月 今日の月 月見 良夜 無月 雨月 十六夜 蜻蛉 帰燕 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図