紀貫之

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

拾遺集・春
梅が枝に降りかゝりてぞ白雪の花のたよりに折らるべらなる

拾遺集・春
白妙の妹が衣に梅の花色をも香をも分きぞかねつる

拾遺集・春
野辺見れば若菜摘みけりむべしこそ垣根の草も春めきにけれ

拾遺集・春
梅の花まだちらねどもゆく水のそこにうつれるかげぞ見えける

拾遺集・春
あだなれどのみこそ旧里の昔ながらの物には有けれ

拾遺集・春
春深くなりぬと思ふを桜花散る木のもとはまだ雪ぞ降る

拾遺集・春
桜散る木の下風は寒からで空に知られぬ雪ぞ降りける

拾遺集・春
風吹けば方も定めず散る花をいづ方へ行く春とかは見む

拾遺集・春
花もみな散りぬる宿は行春のふる里とこそなりぬべらなれ

拾遺集・夏
神まつる宿の卯花白妙の御幣かとぞあやまたれける

拾遺集・夏
山里に知る人も哉郭公鳴きぬと聞かば告げに来るがに

拾遺集・夏
この里にいかなる人か家居して山郭公たえず聞くらむ

拾遺集・夏
かの方にはや漕ぎ寄せよ郭公道に鳴きつと人にかたらん

拾遺集・夏
五月山木の下闇にともす火は鹿の立ちどのしるべなりけり

拾遺集・夏
夏山の影をしげみやたまほこの道行人も立どまるらん

拾遺集・秋
荻の葉のそよぐ音こそ秋風の人に知らるるはじめなりけれ

拾遺集・秋
秋風に夜の更けゆけば天の河河瀬に浪の立ち居こそ待て

拾遺集・秋
たなばたに脱ぎてかしつる唐衣いとど涙に袖や濡るらん

拾遺集・秋
一年に一夜と思へどたなばたの逢ひ見む秋の限なき哉

拾遺集・秋
かりにとて我は来つれど女郎花見るに心ぞ思つきぬる

拾遺集・秋
かりにのみ人の見ゆれば女郎花花の袂ぞ露けかりける

拾遺集・秋
相坂の関の清水に影見えて今や引くらん望月の駒

拾遺集・秋
秋来ればはたをる虫のあるなへに唐錦にも見ゆる野辺哉

拾遺集・秋
風寒み我が唐衣打つ時ぞ萩の下葉も色まさりける

拾遺集・秋
散りぬべき山の紅葉を秋霧のやすくも見せず立隠すらん

拾遺集・秋
秋の夜に雨と聞えて降る物は風にしたがふ紅葉なりけり

拾遺集・秋
心もてちらんだにこそをしからめなどか紅葉に風の吹くらん

敦忠 兼盛 元輔 朝忠 中務 能宣 好忠 重之 恵慶 長能 道済 公任 実方 赤染衛門 紫式部 和泉式部 能因 伊勢大輔 相模 経信 匡房 俊頼 基俊 顕輔 頼政 清輔 俊惠 俊成 西行 崇徳院 寂蓮 兼実 式子内親王 慈円 有家 家隆 定家 良経 実朝 良寛 曙覧
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句