夏衣

好忠
夏衣龍田川原の柳かげすずみに来つつ馴らすころかな

新古今集 素性法師
惜しめどもとまらぬ春もあるものをいはぬにきたる夏衣かな

新古今集 慈円
散りはてて花のかげなきこのもとにたつことやすき夏衣かな

定家
夏衣たつたの山にともしすといく夜かさねてそでぬらすらむ

定家
なつごろもたつは霞のせきなれや春の色をもへだてつるかな

定家
たづねいるならの葉かげのかさなりてさてしもかろき夏衣かな

良経
重ねても涼しかりけり夏衣うすき袂にやどる月影

良経
花の色の面影にたつ夏衣ころも覚えず春ぞこひしき

定家
ぬぎかへてかたみとまらぬ夏衣さてしも花のおもかげぞたつ

定家
夏衣かとりのうらのうたたねに浪のよるよるかよふ秋風

定家
夏衣おりはへてほす河波をみそぎにそふるせぜのゆふしで

家隆
夏衣へだつともなき袂にも猶よそにこそ風は吹きけれ

芭蕉野ざらし
夏衣いまだ虱をとりつくさず

老ひとつこれを荷にして夏衣 嵐雪

旅涼しうら表なき夏ごろも 几董

晶子
加茂と落ちて欄に分るる高瀬川水の人よぶ夕夏ごろも

烏鷺に似し客二人あり夏衣 碧梧桐

水盤に行李とく妻や夏ごろも 蛇笏

唇の玉虫色や夏衣 鷹女

やははだのはしばしみゆる夏衣 草城

我訪へば彼も達者や夏衣 たかし

道道を飛び去り来てや夏衣 耕衣

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 若竹 水鶏 五月晴れ  暑さ 夏衣 夏帯 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼
お得区案内図 旅行案内