閑古鳥 かっこう

炉地下駄の音や梢のかんこ鳥 言水

玉川や栄螺がら鳴諫鼓鳥 言水

うき我をさびしがらせよかんこどり 芭蕉

侘しらに貝吹く僧よ閑古鳥 其角

須まの山うしろに何を諫鼓鳥 其角

かくれ家や木綿車にかんこ鳥 野坡

ある人はありて淋ししかんこ鳥 野坡

淋しさは闇人にこそかんことり 千代女

足跡を字にもよまれず閑古鳥 蕪村

うへ見へぬ笠置の森やかんこどり 蕪村

むつかしき鳩の礼儀やかんこどり 蕪村

花なくてかくれよき木やかんこ鳥 蕪村

榎から榎へ飛やかんこ鳥 蕪村

何喰て居るかもしらじかんこ鳥 蕪村

親もなく子もなき声やかんこ鳥 蕪村

我捨しふくべが啼か閑居鳥 蕪村

かんことり木の股よりや生れけん 蕪村

羽色も鼠に染めつかんこ鳥 蕪村

食次の底たたく音やかんこ鳥 蕪村

閑居鳥さくらの枝も踏で居る 蕪村

閑居鳥寺見ゆ麦林寺とやいふ 蕪村

山人は人也かんこどりは鳥なりけり 蕪村

閑居鳥招けども来ず柳には 蕪村

かしこにてきのふも啼ぬかんこどり 蕪村

ごとごつと僧都の咳やかんこ鳥 蕪村

さびしさの中に声ありかんこ鳥 召波

昼日中逢人もなしかんこどり 召波

閑こどり我行方へなきうつり 暁台

草ほこやゆふ越えゆけばかんこ鳥 暁台

かんこ鳥いまやくれぬとあや啼す 白雄

山一里われを送るか諌皷鳥 青蘿

むら雨の音しづまればかんこどり 几董

はいかいの地獄はそこか閑古鳥 一茶

かんこ鳥しなのの桜咲にけり 一茶

下総の四国巡りやかんこ鳥 一茶

白壁の里見くだしてかんこ鳥 一茶

死んだならおれが日を鳴け閑古鳥 一茶

先住のつけわたり也かんこ鳥 一茶

柿崎やしぶしぶ鳴のかんこ鳥 一茶

桑の木は坊主にされてかんこ鳥 一茶

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 若竹 水鶏  暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 昼寝
お得区案内図