水鶏

後拾遺集 大中臣輔弘
八重しげるむぐらの門のいぶせきにさらずや何をたたく水鶏ぞ

新勅撰集・雑歌 上東門院小少将
あまのとの つきのかよひぢ ささねども いかなるかたに たたくくひなぞ

新勅撰集・雑歌 紫式部
真木の戸もささでやすらふ月影になにをあかずと叩く水鶏ぞ

俊頼
柴の庵をたたく水鶏に夢さめて誰がならはしに起きてとふらむ

金葉集 藤原顕綱朝臣
里ごとに叩く水鶏の音すなり心のとまる宿やなからむ

金葉集 源雅光
夜もすがらはかなくたたく水鶏かな鎖せる戸もなき柴のかりやを

俊成
たたくなりこれは水鶏の音ならむ宵にぞ人は訪はばとはまし

西行
杣人の暮にやどかる心地していほりをたたく水鷄なりけり

式子内親王
たたきつる水鶏の音もふけにけり月のみ閉づる苔のとぼそに

定家
あづまやのさせる戸ざしも夏の夜は明くるを叩く水鶏なりけり

定家
まきのとをたたく水鶏のあけぼのに人やあやめの軒の移り香

関守の宿を水鶏にとはふもの 芭蕉

水鶏啼くと人のいへばや佐屋泊 芭蕉

此宿は水鶏もしらぬ扉かな 芭蕉

ひるは何を思ひふくみて水鶏哉 千代女

行あたる様にも鳴てくゐな哉 千代女

夢さめてこたへこたへず水鶏哉 千代女

人が門たゝけば逃るくゐな哉 也有

関の戸に水鶏のそら音なかりけり 蕪村

遠水鶏小菅の御門しまりけり 一茶

水鶏なく拍子に雲が急ぐぞよ 一茶

木母寺の鉦の真似してなく水鶏 一茶

子規
雨にくち 風にはやれし 柴の戸の 何を力に 叩く水鶏ぞ

縄朽ちて水鶏叩けばあく戸なり 虚子

寐苦しき門を夜すがら水鶏かな 漱石

水鶏来し夜明けて田水満てるかな 碧梧桐

水鶏なく宿に眠れる蕩児かな 普羅

晶子
浴槽にて身を浮草の一もとと見なせる時に鳴く水鶏かな

水鶏なくさとのはやねと申すべし 犀星

淀の田は涯なくみづく水鶏かな 青畝

水鶏ゐて波の穂白く明けそめぬ 楸邨

一つ家を叩く水鶏の薄暑より たかし

同宿の妬き熟睡や水鶏鳴く たかし

水鶏笛吹けばくひなの思い切 多佳子

時鳥 閑古鳥 夏木立 茂り 緑陰 木下闇 鹿の子 夏野 夏草 昼顔 若竹 水鶏  暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図