早苗 さなえ

後拾遺集 好忠
御田守けふは五月になりにけり急げや早苗老いもこそすれ

後拾遺集 藤原隆資
五月雨に日も暮れぬめり道遠み山田の早苗とりもはてぬに

経信
早苗とる山田のかけひこもりけりひくしめなはに露ぞこぼるる

俊成
早苗をばかけしわが身よ奥手とも思はば頼みあらましものを

西行
五月雨に小田の早苗やいかならん畔のうきつちあらひこされて

定家
水まさる山田のさなへ雨ふればみどりも深くなりにけるかな

定家
早苗とる田子のをがさの騒ぐかなうち散る雨やふり増るらむ

俊成
おほあらきの浮田の早苗生ひにけりまきのしたくさとりなまがへそ

俊成
早苗とるとはたのおもを見渡せば幾波あらむ田子のを笠よ

俊成
種まきしわさだの早苗うゑてけりいつ秋風の吹かむとすらむ

定家
うゑくらす緑の早苗さとごとに民の草葉のかずも見えけり

定家
小山田のむろのはやわせとりあへずそよぐ稲葉のころやまつらむ

茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 瓜の花 梅雨 梅雨空 梅雨雲 梅雨晴 梅雨夕焼 梅雨の月 五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図