後拾遺集・雑歌 選子内親王
ひかりいづる葵の影をみてしかば年へにけるもうれしかりけり

後拾遺集・雑歌 返し 入道前太政大臣道長
もろかづら二葉ながらも君にかく葵や神のしるしなるらむ

千載集・雑歌 実方
ちはやぶるいつきの宮の旅寝にはあふひぞ草の枕なりける

経信
かみ人のいはひかくなる葵草いとど栄えむしるしとぞみる

千載集 基俊
あふひ草照る日は神の心かは影さすかたにまづなびくらん

俊成
神やまにひき残さるる葵草ときにあはでもすぐしつるかな

俊成
ちはやぶるかものやしろの葵草かざすけふにもなりにけるかな

千載集 式子内親王
神山のふもとになれしあふひ草引きわかれても年ぞへにける

新古今集 式子内親王
忘れめやあふひを草にひき結びかりねの野邊の露のあけぼの

新古今集 小侍従
いかなればそのかみ山のあふひ草年は経れども二葉なるらむ

定家
年をへて神もみあれのあふひぐさかけてかからむ身とはいのらず

定家
雲の上の千代のみかげにあふひ草神の恵みをかけて待つかな

俊成
あふひ草ひかげになびく心あれば天つやしろもあはれかくらむ

俊成
いかなれば日かげにむかふ葵草つきのかつらの枝をそふらむ

俊成
よそながら今日の日吉の祭りにも賀茂のみあれの葵なりけり

定家
見ることに猶めづらしきかざしかな神世かけたるけふの葵よ

新勅撰集 後徳大寺左大臣実定
いくかへり けふのみあれに あふひぐさ たのみをかけて としのへぬらん

新勅撰集 定家
久方の 桂にかくる あふひ草 そらのひかりに いく世なるらむ

六月 花菖蒲 あやめ 杜若 著莪の花 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図