梅雨夕焼

梅雨の間の夕焼誰ももの言ひやめ 楸邨

妻うたふ梅雨夕焼の厨より 楸邨

闇市や梅雨夕焼に貫かれ 楸邨

爪剪るや梅雨夕映の足を抱き 楸邨

食ひのばす米も終りぬ梅雨夕焼 楸邨

ほのぼのと梅雨夕焼けの夕べかな 石鼎

爪にさす梅雨夕焼の寂寥を 楸邨

梅雨夕焼初ひぐらしもまた淡し 秋櫻子

梅雨夕焼負けパチンコの手を垂れて 波郷

遊ぶ子を分けゆき熱し梅雨夕焼 林火

茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 瓜の花 梅雨 梅雨空 梅雨雲 梅雨晴 梅雨夕焼 梅雨の月 五月雨 蝸牛 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内