六月

六月を綺麗な風の吹くことよ 子規

晶子
六月を うしと思ひぬ にはか雨 麦の穂にふる らうがはしさに

牧水
友はみな兄の如くも思はれて甘えまほしき六月となる

晶子
寒きまで青き道かな六月の橡の林の青き道かな

晶子
六月は酒を注ぐや香を撒くや春にまさりて心ときめく

晶子
太陽のもとに物みな汗かきて力を出だす若き六月

六月や白雲色を磨ぎすまし 石鼎

晶子
六月や長十郎と云ふ梨の並木に立ちて明きみちかな

六月や日光はよき杉並木 喜舟

六月の氷菓一盞の別れかな 草田男

風六月教師と柱暦煽る 草田男

六月馬は白菱形を額に帯び 草田男

六月の日の出かぐはし駒場町 波郷

六月の雨さだめなき火桶かな 波郷

六月やかぜのまにまに市の音 波郷

欅越しひかりつづける六月野 林火

六月野子のために馬鈴薯買ひにゆく 林火

六月の女坐れる荒筵 波郷

六月のゆふべや肩に道具箱 誓子

六月の星出でそめぬ砂利置場 誓子

六月風墓のうしろも影はなし 林火

六月や牛の鼻筋白くして 林火

六月や卓上に置く鮪鮨 石鼎

六月や啄木の歌当用日記に 石鼎

六月や椎茸煮出汁の御嶽蕎麦 万太郎

六月や寝ざめかすめし鳩のかげ 万太郎

六月の赤き虫とぶ深山寺 不死男

脱衣室六月巨き冨士を窓 悌二郎

熔接光六月の野のまっぴるま 悌二郎

六月や湖は見えねど湖の宿 悌二郎

六月 花菖蒲 あやめ   杜若 短夜 初鰹 花橘 柿の花 石榴の花 栗の花 椎の花 栴檀の花 えごの花 くちなしの花 紫陽花 茴香の花 紅の花 十薬 萱草の花 梅雨 五月雨 蝸牛 桑の実 さくらんぼ  青梅 枇杷 早苗 田植え 早乙女 アマリリス 鵜飼 葭切 翡翠 蚊帳 青嵐 風薫る
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図