蜘蛛 くも

蘋を岸に繋ぐや蜘蛛の糸 千代女

白秋
山ゆくと 妻をいたはり ささがにの いぶせき糸も 我は払ひつ

雲ゆくや行ひすます空の蜘蛛 蛇笏

蜘蛛の縞に朱の筋もえて蘆の中 石鼎

風に破れし網喰ひとつて怒り蜘蛛 石鼎

蜘蛛打つて暫く心静まらず 虚子

蜘の絲がんぴの花をしぼりたる 虚子

暮れてゆく巣を張る蜘の仰向きに 草田男

ゆふ空ゆうぜんとして蜘蛛の生活 山頭火

蜘蛛は網張る、私は私を肯定する 山頭火

大蜘蛛の蝉を捕り食めり音もなく 楸邨

菖蒲より菖蒲へ蜘蛛の絲長し たかし

影抱え蜘蛛とどまれり夜の畳 たかし

蜘蛛かなし脚つづめ死を真似るとき たかし

風に破れし網を喰ひ怒る蜘蛛なりし石鼎

くも糸をわたり返して葉のさきに 素十

くもの糸一すぢよぎる百合の前 素十

蜘蛛虫を抱き四脚踏み延ばし 虚子

大蜘蛛の現れ小蜘蛛なきが如 虚子

夕蜘蛛のつつと下り来る迅さ見る 汀女

蜘蛛が啖ふ蟷螂寂と永平寺 楸邨

軒空に蜘蛛一点の営める 石鼎

呻吟の声夜の蜘蛛の糸一本 草田男

古家に蜘蛛が出そめて主人病む たかし

蜘蛛の糸の顔にかからぬ日とてなし 虚子

蜘蛛に生れ網をかけねばばらぬかな 虚子

囲づくりに余念なき蜘蛛太藺中 立子

囲の蝶のもがきに蜘蛛のともゆれる 多佳子

そりかへる額の花あり蜘が為 青畝

蜘蛛の囲 蜘蛛の巣

後撰集・雑歌 よみ人しらず
ささがにのそらに巣かける糸よりも心細しやたえぬとおもへば

返し
風ふけばたえぬと見ゆる蜘蛛の囲も又かきつかでやむとやはきく

蜘蛛の圍やわれらよりかも新しく 汀女

蜘蛛の圍や朝日射しきて大輪に 汀女

蜘蛛の囲の遮る径は返すべし 風生

大櫨の雨後の一樹の蜘蛛の網 汀女

蜘蛛の囲の蝶がもがくに蝶が寄る 多佳子

蜘蛛の囲を払ひ払ひて先導す 立子

構へあり一垂直の蜘蛛の囲も 汀女

蜘蛛の太鼓 袋蜘蛛

土用芽の茶の木に蜘蛛の太鼓かな 碧梧桐

ぶらさがる厩の蜘蛛の太鼓かな 青畝

五月雨 蝸牛 雨蛙 さくらんぼ 青梅 紫蘇 枇杷 早苗 田植え 早乙女 誘蛾灯 灯取虫 アマリリス 蛍籠 蓮の浮葉 浮き草 河骨 夏の川 鵜飼 青すすき 真菰 葭切 翡翠 蜘蛛 蚊帳 蚊遣 青嵐 風薫る ほととぎす 閑古鳥 夏木立 茂り 夏野 夏草 昼顔 暑さ 青簾 籐椅子 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立
お得区案内図