和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

早苗取る手許の水の小揺かな

笠の端早苗すりすり取り束ね

早苗籠負うて走りぬ雨の中

螢灯の傷つき落つる水の上

門前に蛍追ふ子や旅の宿

梅雨晴の白雲いまだ収らず

日覆に松の落葉の生れけり

忘られし金魚の命淋しさよ

棕櫚の花こぼれて掃くも五六日

藪の道人の出て来るかな

老禰宜の太鼓打居るかな

耳元にの聲のして唯眠し

の入りし声一筋や蚊帳の中

蝙蝠や遅き子に立つ門の母

百合折りぬやがてぞ捨てぬ水に沿ひ

月ありて幾夕立の深空かな

晩涼や池の萍皆動く

山荘や打水流る門の坂

炎帝の威の衰へに水を打つ

暑に堪へて双親あるや水を打つ

風鈴に大きな月のかかりけり

月あびて玉崩れをる噴井かな