和歌と俳句

夏の雲

片削ぎにカムヰヌプリは夏雲断つ 楸邨

連峰の高嶺々々に夏の雲 虚子

のべたらにまつりのつづく夏の雲 万太郎

夏の雲白きに乳房向けて泳ぐ 楸邨

夏の雲徐々に動くや大玻璃戸 虚子

夏雲の伸びて暮れ来ぬ牡蠣筏 亞浪

夏雲の立ちたつ伽藍童女うた 多佳子

夏雲の湧きてさだまる心あり 汀女

夏雲航く地上のことを語りつづけ 多佳子

父のごとき夏雲立てり津山なり 三鬼

誰も来て仰ぐポプラぞ夏の雲 秋櫻子

夏雲たつ山は越後ぞ鷹舞へり 林火

どぶろく一石神酒夏雲も起りけり 林火

夏雲の天の彫像山の座に 草田男