和歌と俳句

橋本多佳子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

髪につく蟻緑蔭も憩はれず

青蚊帳の粗さつめたさ我家なる

仔鹿追ひきていつか野の湿地ふむ

衣更前もうしろも風に満ち

衣更老いまでの日の永きかな

蓮散華美しきものまた壊る

嫗の身風に単衣のふくらみがち

炎天や笑ひしこゑのすぐになし

夏書の筆措けば乾きて背くなり

ひしひしと声なき青田行手に満ち

舷燈の一穂に火蛾海渡る

万緑や石橋に馬乗り鎮むる

トンネルに眼つむる伊賀は万緑にて

蛍火の一翔つよく月よぎる

吉野青し泳ぐとぬぎし草刈女

の底明し顔浸け眼ひらけば

待つ長し電線つかみ仔燕

夏雲航く地上のことを語りつづけ

青櫨が蔽ひ久女の窓昏む

鑰はづし入る万緑の一つの扉

万緑やわが額にある鉄格子

一切忘却眼前に菜殻火燃ゆ

菜殻火の火蛾をいたみ久女いたむ

つぎつぎに菜殻火燃ゆる久女のため

万緑下浄き歯並を見せて閉づ