和歌と俳句

橋本多佳子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

夕焼くるかの雲のもとひと待たむ

夕焼雲鉄路は昏るる峡に入る

南風吹く湖のさびしさ身に一と日

子を負へる子のみしなのの梨すもも

五月野の雲の速きをひと寂しむ

掌に熱き粥の清しさ夏やせて

蕗畑のひかり身にしつなつかしき

牡丹にあひはげしき木曾の雨に逢ふ

花あふち梢のさやぎしづまらぬ

どくだみの白妙梅雨の一日昏る

こがね虫吾子音読の燈をうちうつ

学ぶ子に暁四時の油蝉

髪洗ふことも親しく蛍の夜

いづこにもいたどりの紅木曾に泊つ

足袋買ふや木曾の坂町夏祭

ほととぎす暁の闇紺青に

ほととぎす新墾に火を走らする

い寝さめて武蔵野の穹合歓の穹

鹿の斑の夏うるはしや愁ふまじ

なかぞらにのかなしさ子の熟睡

田植季わが雨傘もみどりなす

ほととぎす髪をみどりに子の睡り

雨の沼蛍火ひとつ光り流れ

ひと日臥し卯の花腐し美しや

夜光虫舳波の湧けば燃ゆるなり

仄かにも渦ながれゆく夜光虫

枇杷買ふて舷梯のぼる夜の雨

花栗の伐らるる音を身にし立つ