和歌と俳句

牡丹 深見草

黒牡丹ほのかに秘むる臙脂かな 淡路女

風吹いて牡丹の影の消ゆるなり みどり女

古庭やただ二株の花の王 石鼎

雨の外をタイヤの音や牡丹邸 石鼎

牡丹植うる地なき狭庭の牡丹かな 石鼎

深見草襞の底より濃紫 石鼎

ぼうたんや森を飛出す鐘の声 茅舎

ぼうたんを見てそばかすを嘆きけり 草城

ぼうたんの暮るる始終を見て去りぬ 草城

旅戻り牡丹くづるる見て立てり 虚子

白牡丹さやけき珠のつぼみかな 淡路女

散り牡丹どどと崩れし如くなり 淡路女

ぼうたんや珊々として狐雨 淡路女

燦然と日の闌けにけり牡丹園 淡路女

藁づとをほどいて活けし牡丹かな 久女

牡丹を活けておくれし夕餉かな 久女

牡丹やひらきかかりて花の隈 久女

牡丹や揮毫の書箋そのままに 久女

隔たれば葉蔭に白し夕牡丹 久女

籬より見えて咲きたる牡丹かな 素十

ひるがへる葉に沈みたる牡丹かな 素十

夜の色に沈みゆくなり大牡丹 素十

土くれに蜥蜴あそべる牡丹かな 素十

暮れかぬる花大いなる白牡丹 淡路女

日を見ずに暮るゝ一日や白牡丹 みどり女

山水の厨にひびき牡丹咲く 青邨

山の石庭に現はれ牡丹咲く 青邨

牡丹照り二上山ここに裾をひく 多佳子

牡丹照り女峰男峰とかさなれる 多佳子

牡丹散る唇あつき朝に居る 鷹女

かんばせのごとくに咲ける牡丹かな 草城

咲き張りてくれなゐ飽ける牡丹かな 草城

たわたわとして咲き倦める牡丹かな 草城

天日を仰いでしぼむ牡丹かな 草城

ぼうたんを見尽して日のあまりけり 草城

広場なる花売娘牡丹抱き 青邨

羽の如散つてはしりし牡丹かな 青畝

牡丹咲き塔頭に光あふれたり 秋櫻子

牡丹咲く炎にひくき築地あり 秋櫻子

旅人われ牡丹の客の中にゐる 秋櫻子

牡丹燃えのなだれ眼にせまる 秋櫻子

牡丹燃え大和広野を見はるかす 秋櫻子

まかりゆく牡丹の客のしづかなる 秋櫻子

牡丹散り終日本を読まざりき 青邨

牡丹散り白磁を割りしごとしづか 青邨

牡丹花の雨なやましく晴れんとす 虚子

牡丹花の面影のこし崩れけり 虚子

白牡丹われ縁側に居眠りす 茅舎

ちり牡丹七花八裂して白磁 茅舎

牡丹崩る盃を銜みて悼まばや 虚子

おくれ咲く牡丹を剪りていとほしむ 汀女

山寺の翠微に浮む牡丹かな たかし

牡丹にあひはげしき木曾の雨に逢ふ 多佳子

まのあたり白牡丹の獨り深し 耕衣

写生してゐる牡丹に風かすか 風生

昨日今日客あり今日は牡丹剪る 虚子

火の奥に牡丹崩るるさま見つ 楸邨