和歌と俳句

橋本多佳子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

霧の港北緯五十度なり着きぬ

波荒く港といへど繁り

樺を焚きわれ等迎ふる夏炉なり

積雲も練習船も夏白き

南風つよし綱ひけよ張れ三角帆

百千の帆綱が南風にみだれなき

練習船白南風の帆を並めて航く

月見草雲の夕焼が地を照らす

月見草闇馴れたれば船見ゆる

白波の沖よりたてり波乗りに

波乗りに暮れゆく波の藍が濃き

龍舌蘭灼けたる地に葉を這す

龍舌蘭夏天の銀河夜々濃ゆし

牡丹照り二上山ここに裾をひく

牡丹照り女峰男峰とかさなれる

病院の匂ひ抱ける薔薇のにほひ

激戦のあと夏草のすでに生ひぬ

船長も舵手も夏服よごれなき

のあはれ鵜縄の張ればひかれたる

蝙蝠を闇に見たりきみとる夜半

百合匂ひ看護婦は死の髪を梳く

母に遺す一高の帽白き百合

夜光虫夜の舷に吾は倚

捕虫網子等は穂わたをかゆがれる

海あれて緑陰の椅子部屋にある