和歌と俳句

橋本多佳子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

向日葵に天よりあつき光来る

向日葵は火照りはげしく昏てれゐる

渡御まちぬ夕の赤光河にながれ

渡御の舟みあかしくらくすぎませる

地の籠に枇杷採りあふれなほ運ばる

枇杷のもと農婦とあつき枇杷すする

大阿蘇の波なす青野夜もあをき

子がたてりこの野の掌にとぼし

蛍火が掌をもれひとをくらくする

青草の草千里浜天さびし

駆くる野馬夏野の青にかくれなし

青牧に中岳霧を降ろし来る

日輪に青野の霧が粗く降る

岩燕泥濘たぎち火口なり

噴煙の熱風に身を纏かれたり

夏暁のオリオンを地に船着けり

夜の軽羅硬きナプキンを手にひらく

船繋り夏潮段をなして落つ

青き蚊帳熟睡の吾子とならび寝む

潮騒を身ちかく火蛾と海渡る

夏潮の滾ち真白くはや舳のゆれ

/7

渦潮を過ぎ来て南風に舳をかはす

雷鳴下匂ひはげしく百合俯向く

夏草野砲車の車輪川渡る

砲車ゆく青愛鷹山を野にひくく